彼女がいるという駅前まで行き、教えてもらったSkypeに通知を送ってみました。
するとすぐに返事が返ってきたのです。
彼女探すと、確かに疲れきった様子の若い女性が佇んでいるのが分りました。
「こんばんは、君が亜美ちゃん?」
「はい、あの…すぐで悪いんですけど、ご飯が食べたいんです」
空腹を訴えてきたから、すぐそばにあったハンバーガーチェーン店に入って食事を食べさせてやる事になりました。
かなり空腹だったらしく、三つも平らげたのには驚いてしまいました。
随分と疲れ切った様子だったけど、食事を食べられてほっとした表情を浮かべてくれました。
「それじゃ今から家に連れて行くからね」
「うん、お願いします」
よく見ればなかなか可愛い顔した女性で、それでもどこか汚れちゃっている感じがしたので、帰宅してからすぐに風呂に入れさせたのです。
服なども洗ってあげて、私のTシャツやトレーナーを貸してあげました。
彼女は眠そうな様子でしたから、その日はセックスをするのは諦めて、軽く会話を楽しんでからベッドを貸してあげたのです。
翌日は仕事も休みでしたからゆっくりと目覚めて、トーストを焼いて出してあげました。
少し遅い朝食を終えて、暫く会話を楽しんでから彼女の肉体を抱く事が許されました。
自分自身も誰かと一緒にいると言う事に対して癒やしを感じていましたし、彼女も男に抱かれることで疲れや不安を解消できるという様子を見せてくれました。

久しぶりに抱く女性の肉体、しかも若いフレッシュ極まりない体でしたから、興奮も半端なものでもなく、夢中になって抱いてしまいました。
初めての神待ちは大成功、結局数日彼女を宿泊させて食事を食べさせたりし毎日セックスをして時間を過ごすことができたのです。
スパムメールもやってこないで相手を探せるのは、優良出会い系サイトなんですね。
PCMAXで見事に助けて欲しい女性をみつける事もでき、性処理も完璧に行っていく事に成功しました。