私と同様に地方から東京に単身赴任に来ている同僚がいて、仕事の帰りにはよく酒を飲みに出かけてきます。
その日は串カツ屋で一杯やる事になって、仕事の疲れを癒やすために生ビールで乾杯をしてきました。
先日使った神待ち掲示板での出来事を彼に話すことにしたのです。
「掲示板を使って困っとる女の子を探そうと思ったんやけど、スパムメールしか届かないんだよ」
ははんといった顔つきをして同僚が話を始めました。
「無料で使うことができる掲示板でメールを送ったんじゃない?」
「その通りやけど」
同僚はやれやれといった表情を浮かべながら、次の言葉を発していきました。
「それさ、多分悪質な詐欺サイトだよ。
無料のところってさ、結構多いんだよインチキなサイトがさ。
個人情報を抜き取るために運営しているだよね」
悪質なサイトがあると言う事は知っていたのですが、詳しい内容は知りませんでした。
同僚は自分が使った掲示板は詐欺サイトであると言う事を話てきたのです。
「無料のサイトってのは基本的に悪質なサイトの入口だって考えてもいいと思うよ。
もっとちゃんとしたサイトを使えば、神待ちをみつける事も出来るからね」
「相手を見つけたことがあるのか?」

「俺はまともなサイトを使うことで、実際に助けを求めている娘を宿泊させて関係も楽しんでるよ」
同僚は実は自分よりもはるか前から、このような関係を楽しんでいたようでした。
実際に女性を宿泊させることに成功させているし、セックスまで楽しんでいると言うのです。
「一体どうやってやっとるの?どないなサイトを利用しとるのか教えてよ」
経験者がいるのだから、その人に教えを請うのが一番いいに決まってます。
実際に宿泊させることに成功させている同僚なのだから、いいサイトを知っているに違いがありませんでした。