会社側から言い渡された東京での単身赴任、命令だから断ることもできずに大阪を離れて上京することになりました。
仕事自体は全く問題ありませんが、やはり家族と別れていると言う事に対しては寂しさを感じずにはいられません。
なるべく月に一度は帰宅して顔を合わせるようにはしているのですが、それでも遠く離れた場所で生活を送るわけですから日増しに寂しさも強まる一方だったのです。
妻からは頻繁にメールや電話をかけてもらうこともできていましたが、やはり側にいないと言うのは不安を覚えてしまうものです。
その後はセックスレス状態にはなっているものの、やはり人肌が恋しいという気持ちは持ち上がってきてしまうものです。
そばに一緒にいてくれる女性がいたら、ちょっとした関係を楽しむことができる相手がいたら、ここのところそんなことばかり考えるようになっていました。
やはり女性の肉体と言うのは、興奮や快楽とともに癒やし効果もありますから、寂しい気持ちを払拭することができるだろうと考えていたのです。
しかしまさか東京で愛人を作って生活を共にするというのも、自分には合わないような気がしていました。
家庭はとにかく大切ですから守りたい、しかしこの現状を改善したい、気分を変えたいという気持ちばかりが湧き上がって仕方がなかったのです。
神待ちというキーワードが突然湧き上がってきて、インターネットでそれを検索してみたのでした。
助けてあげる代わりに関係を持つ、そんな女性をみつける事ができるという神待ち掲示板をすぐ見つけ出すことができてしまいました。
無料で利用ができる掲示板を使えば、宿泊させてあげられる女性を見つけられるのです。
大人の関係を作ることも出来るし、寂しい気分を紛らわすことも出来るのですから、相手探しをしてみるのもいいかもしれないという気持ちになったのです。
神待ちは緊急性が高いと言う事もあって、早めに待ち合わせすることが可能だという話は聞いたことがありました。
自分が見つけた掲示板を使っていけば、自分の住んでいるワンルームマンションに宿泊させることができる相手を確実にみつける事ができるだろうと判断して、思い切って利用していく事にしました。

 

 家族と離れて生活をしている方だったら、私の様な気持ちを理解できるかもしれません。
たまにしか顔を合わすことができないために寂しい気持ちは強まる一方なのです。
だからこそ、神待ち掲示板を利用して助けを求める女性を探したいという気持ちを持ってしまったのでした。
何らかの理由で家出をして困っているような相手だから、早めにマンションに連れ込むことができる、そんな噂は聞いていましたから。

 

 

名前:幸一郎
性別:男性
年齢:41歳

 

プロフィール
 会社の都合で単身赴任という事になったのですが、これがなかなか寂しいもの感じたりもするものです。
月に一度程度は地元の大阪に戻り、家族と顔を合わせるのですが、やはり東京での一人暮らしが寂しさを感じてしまうものなんです。
一緒に時間を過ごしてくれて、そんな関係の相手を見つけられたらという気持ちがあった頃に知ったのが神待ちでした。